日本の仮想通貨取引所のひとつである「みんなのビットコイン」では3種類の仮想通貨に対して10種類の法定通貨とのペアで板取引(トレード)ができるサービスが提供されています。みんなのビットコインの取り扱い通貨ですが、現物取引が可能な仮想通貨としてビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)で最小取引単位は0.01BTC・0.1ETH・0.01BCHです。
ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュはいずれも時価総額が高くて流動性が高いので、現物取引で入手したコインを自分のウォレットに出金して他の取引所・販売所で換金することができます。
証拠金取引(レバレッジ取引)が可能な仮想通貨の種類はビットコインとイーサリアムの2種類です。2または3種類の仮想通貨に対して、法定通貨として日本円の他に米ドル・ユーロ・オーストラリアドル・香港ドル・シンガポールドル・人民元・インドネシアルピア・フィリピンペソ・インドルピーとの間で現物または証拠金取引ができます。
入出金が可能な法定通貨については日本円のみで、アカウント内で他の法定通貨と交換することになります。
みんなのビットコインの運営会社は「みんなのFX」のサービスを運営するトレイダーズ証券のグループ企業で外貨取引のノウハウを持っています。
そのため日本の仮想通貨交換業者中でも取り扱われている法定通貨の種類が非常に多いという特徴があり、証券会社並みに高いセキュリティシステムを備えています。
みんなのビットコインは取引ができる法定通貨の種類が豊富であることに加えて取引ツールが充実しているというメリットもあり、プログラムによる自動売買も可能です。


>>>世界を変えるコイン ビットコイン投資ならみんなのBitcoin

みんなのビットコインの取引ツール


外貨FX取引と同じように本格的な取引ツールを利用して仮想通貨投資に参加することができる環境が整っています。
みんなのビットコインの口座登録の流れですが、最初にメールアドレス・ログインパスワードを入力した後に専用ページログインして個人情報の入力を行います。
住所や名前などの個人情報を入力して送信した後に仮口座が開設されて本人確認書類のアップロードを行い、登録した自宅の住所に確認ハガキが届いたらサービスを利用することができるようになります。
口座登録方法の手順ですが、公式サイトにアクセスするとページ右上に表示される「口座開設」のオレンジ色のボタンをクリックすると口座開設用の入力フォームが表示されるので、アカウントの種類(個人または法人)を選択してメールアドレスと希望するログインパスワードを入力して進みます。
氏名・住所・生年月日・電話番号などの個人情報を入力したら投資経験などの情報を入力します。全ての項目の入力ができたら「次」ボタンをクリックして確認ページに進み、チェック欄にチェックを入れて「次」をクリックしたら入力作業が完了です。
ここまで来たらメールソフトまたはブラウザのメールアカウントを開いて確認メールが届くのを待ちます。確認メールが届いたら本文中のリンクをクリックしてログイン画面に移動し、「サインイン」をクリックします。
サインインをクリックするとログインIDとパスワードの入力画面が表示されるので、メールアドレス(ID)と一番最初に入力したパスワードを利用します。
初回のみ「未登録のIP」アドレスとして扱われるので、メールアドレス宛てに到着する確認メールのリンクをクリックしてIPアドレスの登録を行います。
2回目以降に同じパソコンからログインする場合にはこの作業は必要ありません。
サインインすることができたら画面上にチャートなどが表示されますが、この段階では本人確認書類を提出していないので売買取引ができません。
本人確認書類の提出方法ですが、画面左上の設定ボタン(3本の横棒マーク)をクリックして一覧の中から「設定」を開いて「プロフィール」タブをクリックします。
プロフィール画面では口座開設状況として赤字で「書類提出前」と記されているので、「必要書類についてはこちら」の欄から身分証明書類を撮影した画像ファイルをアップロードします。
顔写真付きの本人確認書類が使用可能で、自動車の運転免許証であれば1枚で済みます。
このページでは写真をアップロードするためのリンクが3枚分用意されていて1枚の画像だけを送信するとエラーになってしまうので、同じ画像を3つ指定してアップロードします。
画像ファイルの送信が済むとステータス欄が緑色の文字で「書状審査中」に変わります。
業者側のスタッフにより最初に入力した個人情報とアップロードした本人確認書類の確認作業が行われ、問題が無ければ数日後に自宅に確認ハガキが送られて口座の利用制限が解除されます。
ハガキが到着した後に日本円または仮想通貨を入金すれば現物取引または証拠金取引ができるようになりますが、ハガキの到着を待つ間に二段階認証の登録を済ませておくようにしましょう。
二段階認証の設定方法はログイン後に「設定」を開いて「セキュリティ」を選択します。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ