グローバル送金市場は大きなビジネスだ。2016年に、送金者は、自国に住む家族の支援やビジネスパートナーとの取引を支援するため、約6,000億ドルの国境を越えた支払いを送付しました。
送金会社は国境を越えた支払いを見せることができます。残念なことに、現在のモデルでは、送金会社は世界中の前払い口座としてこれらの支払いの流動性を確保する必要があります。こういうプロセスにより、費用が罹り、遅くなり、企業とその顧客の両方にとって頭痛を引き起こす。
彼らの顧客が国境を越えた支払いを迅速かつ安価に送金することを可能にするために、世界最大の送金会社の1つであるMoneyGram は、支払いフローにXRPを使用します。
XRPを通して、ほとんどの金融機関が直面しておる古くからの流動性問題をMoneyGramが解決し、時間とコストを節約できます。再び、顧客は透明性と確実性を持って、リアルタイムで資金を送金する能力を備えていらっしゃる。
XRP、xRapidヘルプソースオンデマンド流動性
MoneyGramは、Rippleのオンデマンド流動性商品であるxRapidを通じて、XRP元帳のネイティブデジタル資産ですXRPにアクセスして使用します。
xRapidは、XRPを通じてリアルタイムの外国為替(FX)決済を可能にします。これにより、金融機関は流動性のロックを解除し、複数の廊下にアクセスすることができます。
どんどん、金融機関はオンデマンド支払いを行い、FX費用と手数料を削減することができ、顧客は支払い状況をリアルタイムで把握することができます。
「リップルはブロックチェーン技術の最前線にあり、xRapidのパイロットを楽しみにしていらっしゃる」と、プレスグリリースでMoneyGramのCEO、Alex Holmesは述べていらっしゃる。「MoneyGramの顧客に効率を高め、サービスを向上させることを期待している」
リップルは国境を越えた支払いを改善するために努力しています
リップルは、国境を越えた支払いにおける非効率性や問題を、銀行、法人、または他の金融機関からの支払いに関係なく解決することに重点を置いていらっしゃる。
「支払い問題は銀行だけに影響するだけでなく、MoneyGramなどの企業にも影響を及ぼし、人々が気になる人にお金を稼ぐのに役立ちます」とRippleのCEO、Brad Garlinghouseは述べていらっしゃる。「3秒以内に解決するXRPもののデジタル資産を通して、顧客は情報と同じくらい短く資金を移動することができます」
xRapidの詳細については、Rippleのソリューションページをご覧下さい。
引用ページ
https://ripple.com/insights/moneygram-use-xrp-faster-international-payments/