最近かなり加熱してきている仮想通貨のトレード。しかしこのような取引には通常、手数料がつきものです。手数料は取引が多くなればなるほど積もっていく費用なので、極力抑えたいものです。

また、日本の取引所ではユーザー間の取引はビットコインに限られていることが多く、他のイーサリアム、リップルといったいわゆる「アルトコイン」については「販売所」形式になっています。販売所形式で取引を行う場合「スプレット」がポイントになります。このスプレットは通貨の買値と売値の差を生み出す要素となります。一般に仮想通貨の販売所では付けている値段に対し数パーセント足した価格を「買値」、逆に減らした価格を「売値」としています。例えば、ビットコインの売却価格が180万ほどの値を付けている場合、購入価格は185万~190万という値段が付くようになっています。このような販売所では、数円、数十円の価格差で利益を生み出す方法は非常に困難です。

そこで、手軽にビットコイン以外の通貨もトレードできる取引所として、今回は「ビットバンク」を紹介します。こちらは日本で設立された取引所で、扱っている通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCC)、モナコイン(MONA)、ライトコイン(LTC)、そしてリップル(XRP)の6種類です。このうちビットコイン、リップルは日本円建てでの取引が行えます。イーサリアム、ライトコインは現在ビットコイン建ての取引にのみ対応しています。また、ビットコインキャッシュ、モナコインに関してはビットコイン建て、日本円建て両方の取引に対応しています。取引画面はシンプルに値動きのチャート、売買板のみが表示されている見やすい画面で、初心者の方でも分かりやすいように配慮されています。


>>>仮想通貨ならビットバンク

ビットバンクの最大の利点

ビットバンクの最大の利点は全取扱通貨が「取引所」形式であるという点です。販売所の場合は先程も述べた通り「スプレット」が大きな痛手となりますが、ビットバンクは全通貨が取引所形式でのトレードとなるため、売値と買値のスプレットが非常に小さくなります。そのため、「アルトコインを利用して短期でコツコツ利益を出したい」というトレードも可能な取引所なのです。ユーザーは売買板を見ながら指値注文と成行注文のどちらかの注文方法で仮想通貨の売買を行います。仮想通貨は値動きが激しい投資であるので、上手に市場を読むことができれば販売所形式の仮想通貨取引所と比較して多くの利益を生み出すことが可能です。

また、ビットバンクは取引手数料が無料になったり、マイナス手数料にしてくれるキャンペーンを実施しています。このキャンペーンを実施している間は、間違いなくお得に仮想通貨のトレードを行える取引所であると言えます。直近のキャンペーンでは2018年3月31日まで全通貨取引手数料無料キャンペーンを行っていますので、仮想通貨取引が盛り上がっている今、登録して仮想通貨トレードを初めてみては如何でしょうか。

しかし、取引所を選ぶに当たって気になるのはセキュリティー面です。海外の仮想通貨取引所ではハッキングによりビットコインが盗まれる事件が相次いでいます。日本でも2014年に大規模なビットコイン盗難事件が発生し、多くのユーザーが資産を失うという事件がありました。そのため、高いセキュリティーの取引所に登録しておくことが必須と言える状況です。このような被害に遭う取引所は、「ウェブウォレット」というオンライン上のウォレット(財布)で仮想通貨を管理していました。ウェブウォレットはウォレットがインターネットに接続された状態となるので、取り出しが容易な代わりにハッカーの攻撃に遭いやすいことがデメリットです。

ビットバンクでは、ユーザーが長期保有する仮想通貨は「コールドウォレット」で管理し、頻繁に取り出したり取引を行う分の仮想通貨とは区別して保管しています。コールドウォレットとはインターネット上から隔離された場所に仮想通貨を保管しておく方法のことで、ハッカーによるサイバー攻撃に強いとされています。また、携帯電話を用いたSMS認証や二段階認証への対応もバッチリです。悪意のある第三者により不正ログインされて大切な仮想通貨を盗まれてしまわないよう、登録したらSMS認証と二段階認証をキッチリと設定するようにしましょう。

ビットバンクで取引をしたい場合は、まずはユーザー登録を行った後に本人確認を行う必要があります。本人確認は顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)があるとスムーズに行えますので、必ず用意しましょう。本人確認が承認された後に自宅にハガキが届けば、晴れて仮想通貨の取引をスタートさせることが出来ます。日本円の入金は現在のところ銀行振込のみとなっているので、振込スケジュール等はしっかりと確認した上で入金するようにしましょう。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ