bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

>>>ビットフライヤーの登録はコチラ


2017年は仮想通貨法が制定されたため、大手ショッピングモールでは仮想通貨による決済手段を導入する企業も多きなっています。
これによりビットコインの関心と需要が一気に高まって、中でもビットコインの価格は百倍に高騰しました。
よってビットコインを実際に購入してみようと考えている人が増えていますが、実際に仮想通貨の取引所は数多く存在するため、どれを選ぶべきか迷ってしまうことが多いと思われます。
それでビットフライヤーは日本で一番最初に設立されており一番資金力がある取引所であるため、初心者にとっては一番使いやすいと言われています。
また取り扱い通貨も豊富に取り揃えています。
今回はビットフライヤーに登録する方法とその取り扱い通貨について具体的に解説していきます。
登録するにあたって口座開設費や年会費は一切かかりません。
主にウォレットクラスとトレードクラスの2種類のアカウントがありますが、仮想通貨の購入や売却を行うにはトレードクラスが必須となります。
よってまずウォレットクラスから、次にトレードクラスへアップグレードする必要があります。
まずはアカウントの作成に移りますが、トップページのメールアドレスを最初に入力します。
ここでメールアドレスはメインのものよりも、新しいフリーメールを作成した方がよいと考えられます。
その理由はビットフライヤーにログインするたびに本人確認としてメールがされたり、仮想通貨に対する情報が頻繁に届くことがあるからです。
よって混乱を免れるためにもフリーメールアドレスを入力することが望ましいでしょう。
そして「アカウント作成」をクリックします。その後は入力したメールアドレス先に確認事項が送信されます。
メールの中のULをクリックすることで、初めて最初の段階の登録が完了します。
次に2段階認証を設定します。
アカウント情報から「二段階認証」という赤枠をクリックして「変更する」のボタンをクリックする必要があります。
そうするとメールアドレス宛に6桁の確認コードが送られるので、その数字を枠に記入して「次へ」を選択します。
この場合はモバイル認証アプリである「Authy」をあらかじめダウンロードしておくと作業が簡単になります。
ここで2段階認証を必要とされる場面を特定しなければなりません。
これは銀行振り込みなどの時に適応されることで、より個人アカウントのセキュリティーが強化するため非常に重要な認証システムです。
QRコードが出てくるのですが、それをスマホで読み取って6桁の認証数字を白枠に挿入します。
そして次は必ず「二段階認証を設定する」を忘れないようにクリックすれば完了します。
またセキュリティー対策を万全の状態にしたい場合は、パスワードの変更を行うこともできます。
まずは初回パスワードが記載されますが、再度違うパスワードに切り替えることで安全性が強化されます。
そして今度はトレードクラスにアップグレードをすることで、実際にビットコインの売買を行うことができます。
その際には顔写真付きの本人確認証明書が必要になり、その写真をアップして個人情報を入力する必要があります。
また取引をする際の理由が求められますが、この部分は貯金や売買のためと設定すると審査を通過できます。
そうすることで自宅に転送不要の本人確認書類が送られてきます。
その書類を受け取ってIDコードを入力することでビット平イヤーの登録は完了します。
実際に仮想通貨を売買する際には取引所と販売所を選択することができます。
取引所では手数料がかなり安く済みますが、取り扱い通貨はビットコイン限定となります。
よって多くの仮想通貨を売買したいのであれば、販売所を利用することで他のイーサリアムやライトコインとも取引ができます。
また日本発祥の通貨であるモナコインも急激に価格が上昇しているため、最近では非常に数百種類ある仮想通貨の中でも需要を高めています。
しかし販売所を使用する場合は通常の価格よりも高く購入することになりますから、頻繁にビットコインの売買繰り返す人は取引所を使用する方が安い手数料のため損失を免れやすいと考えられます。
一方で長期運用する場合は価格上昇が続く限りは販売所を利用しても良いでしょう。
ビットフライヤーが取り扱っている仮想通貨はすべて価格が暴騰しているため、手数料がかかっても比較的に現在は利益が倍増しやすい時期です。
2017年初頭はビットコインの価格が1万円だったのですが、12月頃には200万円にまで上昇しました。
そしてビットコインの後にできたライトコインもつられて数十倍の価格になっているため、将来はビットコインを抜くのではないかという可能性も考えられます。
このようにビットフライヤーは日本で一番のセキュリティー対策と資金力を有する仮想通貨取引所であるため、初心者にとっては安心して取引を行うことができます。
そのためにはまず登録方法から確認して、販売所と取引所を上手に活用することが大切です。

詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ