bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

>>>ビットフライヤーの登録はコチラ


ビットフライヤーは2014年1月に設立された比較的新しい会社です。資本金はおよそ41億円となっており、日本の取引所の中ではトップクラスです。リクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメントなどの優良企業から出資を受けていることも信頼の証となります。会社の設立自体は2014年1月となっていますが、取引所のサービスが開始されたのは2014年5月となるようです。現在存在している日本の仮想通貨取引所の中では最も歴史が古いところです。
ビットフライヤーを利用するとき、最初にしなければならないのが日本円の入金でしょう。すでにウォレットなどにビットコインを保有していて、それを送金できる人はこの限りではありません。まだビットコインなどの仮想通貨を持っていない人は、新しく日本円を入金しなければ取引を開始できません。入金手数料は基本的に無料ですが、クイック入金を利用する場合には324円がかかってしまいます。ビットコインの価格が激しく変動をしているときや、なにかのニュースが入ってすぐに取引を開始したいというときには324円を支払ってでもクイック入金をするメリットはあります。
日本円の出金では、三井住友銀行の口座に出金するか否かで手数料が変わってきます。三井住友銀行の口座に出金する場合には、「3万円未満で216円、3万円以上で432円」です。それ以外の口座に出金する場合には、「3万円未満で540円、3万円以上で756円」です。いずれも税込み価格です。頻繁に出金をしているとそれなりに大きな差ができるので、可能であれば三井住友銀行で口座を作っておくとよいです。出金は基本的には本人名義の口座にしかできません。銀行口座登録の承認には3日程度かかるようです。出金の申請をしてから実際に口座に反映されるまでは、3営業日以内となっています。土日をはさむ場合などには注意をしておく必要があります。
ビットフライヤーで仮想通貨の取引をする方法には、販売所、取引所、Lightningの3つの方法があります。取引所もしくはLightning現物で取引をする場合、手数料は0.01~0.15%です。ビットコインキャッシュ、イーサリアムをLightning現物で取引する場合、手数料は0.2%です。販売所や「Lightning FX」では現在はキャンペーン中なので、手数料は無料です。

詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ビットフライヤーの販売所で売買はスプレットがかかってくることには注意


販売所で売買をするとき、取引手数料は無料となっていますが、別でスプレットがかかってくることには注意が必要です。スプレットというのは、購入価格と売却価格の差のことです。例えば、1BTC=200万円という相場になっていても、販売所では購入価格が205万円、売却価格が198万円というようになっていることがあります。この場合なら、7万円ものスプレットが発生しています。このスプレットがとても大きいために、基本的には取引所でビットコインや他のアルトコインをトレードしたほうがコストが節約できます。
ビットフライヤーではビットコインのほかに、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの取引所があります。イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコインも取り扱いがありますが、こちらは販売所での取引のみとなっています。イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコインを売買するときにはスプレットに注意をしておきましょう。
2017年10月24日にビットコインゴールドが誕生しました。ビットフライヤーでは「Bitcoin Gold によるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応」という声明が出されています。これによると、ビットコインゴールドの安全性などに問題がなければ、ビットコインゴールドを付与し、さらに取引サービスを提供するようです。まだ実現はしていませんが、近いうちにビットコインゴールドの付与がされ、取引所ができる可能性が高いでしょう。
ビットコインゴールドの付与がされるのは、10月24日に「ブロック高491,406ブロックが生成された時刻」にビットコインを保有していた人です。それ以外の人は対象とはならず、ビットコインゴールドの付与はされないので注意をしておきましょう。付与される金額はそのときの保有ビットコイン数と同量です。例えば、10BTCを保有していた人は10BTGを付与されます。
仮想通貨取引所にはそれぞれ特徴があります。ビットフライヤーの特徴としては、Lightningという高性能なトレードツールがあること、魅力的なキャンペーンをやっていること、日本の最大手の取引所なので安心と信頼があることなどがあげられます。他には、bitWire (β)というサービスを利用してユーザー間でリアルタイムでビットコインの送金ができることもメリットです。bitWire (β)では送金相手のメールアドレスだけで、10分も待たされることなく送金が完了します。総合的におすすめできる取引所となっているので、仮想通貨取引所の選択で迷っている人はぜひ選択肢に入れてみましょう。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ