市場に出てあるすべてのデジタル資産のうち、XRPは引き続き頭角を現している。デジタル資産の価値は、2017年1月の0.006ドルから2018年1月初めまでに3.60ドルに急増し、59,000%以上の増加となりました。RippleはXRPを保有してあり、Uber、Airbnb、Palantir、WeWorkの後、米国でひときわ価値の大きいベンチャーの1つになりました。
しかし、すべてのデジタル資産と同様に、XRPはしきりに混乱、謎、投機の原因となります。だから、XRPについて知っておくべき10の事柄を描いてみましょう。

1. XRPは、金融機関および決済プロバイダ向けに特別に設計された唯一のデジタル資産だ

多くのデジタル資産には明確な目的がありません。これらは、価値の保管、商品の購入、消費者取引のために使用されることがありますが、明確な単一のアプリケーションによって作成されたものではありません。これとは対照的に、XRPは具体的には価値移転と企業向けに構築されているため、本当にはっきりとしたユースケースを持つ少数のデジタル資産の1つになっています。

2. XRPは断然拡張性のおっきいデジタル資産だ

XRPは、やはり高速でスケーラブルなデジタル資産だ。信頼できる技術とガバナンスの5年の実績は、機関顧客や企業の利用に備えている。創業以来、すべての元帳は問題なく閉鎖されています。もう一度、XRP元帳は、毎秒1,500トランザクション(24×7)を処理し、Visaと同じスループットを処理できるように拡張できます。
他のデジタル資産が力強いユースケースを確立するために苦労しているが、XRPは、支払いのための最高のデジタル資産です-最終的に有効にやる価値のインターネットを。

3.それは平和な通貨

Bitcoinという一部のデジタル資産は、既存の政府支援通貨を取り替えることを目指してある。XRPは、10以上のデジタルエクスチェンジで平日通貨を通じて、ボーダを越えて価値を迅速かつ効率的に移転するのを支援します。たとえば、韓国のサプライヤーに払うことを希望するメキシコの企業は、韓国で口座を事前に設定するか、銀行という外国為替のプロバイダーを経由する必要があります。どちらのオプションも高価で低速だ。同社のメキシコの銀行や地方の支払いプロバイダーは、XRPを通じて、即時にオンデマンドで支払いを行うことができます。XRPは、アカウントの前払いまたは外国為替手数料なしで、どんどん迅速で安価な決済を実現する。

4. XRPにより、迅速かつ安価で信頼性の高いクロスボーダー支払いが可能になります。

XRPは銀行と決済機関にクロスボーダー支払いのための流動性の信頼できるオンデマンド・ソースを提供します。今日では、通常は大きい手数料を伴う銀行を通じて、とある国から別の国に送金するのに約3?5日かかります。支払いの遅延は遅れます(またはあまり通過しない)。また、企業は、資本を積み上げている受取国のnostro口座に事前に資金を提供することができます。XRPは、これらの欠点をすべて解決するソリューションの一部であり、平均決済時間は4秒だ、費用のほんの一部で。XRPは、金融機関が外国為替手数料を支払うことなく、またはノストロ口座を事前に資金提供することなく、リアルタイムで流動性を供給できるようにすることにより、新市場への拡大、為替費用の削減、顧客への支払い決済の迅速化を支援する。

5.国境を越えた支払いの迅速化のためのネットワークソリューションの一部だ

リップルは、国境を越えた支払いの問題を解決し、情報を交換する感じくらい効率的にお金を移動させる価値のあるインターネットを生み出すことに全力を尽くしている。当社のソリューションには、支払いの共通基準を作成し、XRPをデジタル資産として使用して、現在切断されている帳簿とブロックチェーンをまとめている。

6. XRPはBitcoinよりもはやくスケーリングされます。

Bitcoinは、1秒間に最大7つのトランザクションを処理できます。いずれも2時間以上鳴ることがあります。Visaという従来の決済サービスと比較すると、毎秒平均2,000トランザクションで、Bitcoinは典型的な顧客の要求を満たすスケーラビリティを欠けることがわかります。

7.安全だ

XRP元帳は、XRP取引が発生し記録される場所だ。これは、オープンソースのコードベースであり、信頼できる検証ツールのコミュニティと、元帳を積極的に開発および維持するフルタイムエンジニアのチームによってサポートされている。第毎日以来、XRP元帳は、分散化によって単一の障害点に対してより弾力性と耐性を持たせました。これは今日も貫くプロセスだ。

8. XRPはBitcoinという採掘されたデジタル資産よりも持続可能だ

ビットコインは新しいコインは終始複雑な数学の問題を処理する巨大なデータセンターが作成した、またはされていることを意味し、採掘されたデジタル資産です。こういう非効率的なシステムは、電気を大量に要求する「作業の証拠を。」 -傾向がワンコインの製造コストのために3.67米国の家庭に電力を供給すると日 – 「持続不可能」と呼ばれてきたXRPは現在存在している通貨の一つ一つのユニットは、すでにほとんどのリップル(が所有して、作成されているので、採掘されたデジタル資産ではありませんエスクローに置かれた550億そのうち)と企業や個人が休んでいる。

9. XRPは未来だ

IF以外の時代の問題です。銀行やその他の金融機関は、日々の業務でデジタル資産を使用し始めます。デジタル資産分野の勝者と敗者が誰ですかをわかることは興味深いでしょう。XRPは、金融機関が迅速かつ安価に、簡単に国境を越えて資金を送金することを可能にする目的を持っているため、XRPは成功すると確信しています。

10.貰うのは簡単です

あなたが誰ですかに応じて、XRPを購入するさまざまな方法があります。金融機関の場合は、Rippleに直接お問い合わせください。あなたが顧客であれば、購入する方法はたくさんあります.XRPを記載したデジタルエクスチェンジのいずれかをめぐってそのようにすることができます。
引用
https://ripple.com/insights/10-things-need-know-xrp/