zaif取り扱い通貨


BTC/JPY BTC/AirFX
XEM/JPY XEM/BTC
MONA/JPY MONA/BTC
BCH/JPY BCH/BTC
ETH/JPY ETH/BTC

zaifに登録するメリット


>>>Zaif


仮想通貨の存在が大きくなっていくにつれて、誰もが仮想通貨で資産運用したいと考える人が増えていると思われます。
しかし仮想通貨の取引所は日本国内に多く存在するため、どこの取引所を選ぶべきかよく分からない方も多いと考えられます。
日本で一番人気のビットフライヤーは多大の資金力と流動性が非常に高いことから、おそらく投資に興味がある人は誰もが知っている取引所となっていることでしょう。しかし最近ではzaifという取引所も徐々に人気を高めているのですが、それには多くの理由があります。
今回はそんなzaifに登録するメリットと取り扱い通貨について、理由を交えながら解説していきます。

詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

zaifではクレジットカードでビットコインが買える

今までは仮想通貨を購入する場合は、取引所に銀行振り込みを行ってから買うというスタイルが主流でした。
しかし最近では、多くの取引所ではクレジットカードによる購入を可能にしたことで、手間が大幅に省けることからより仮想通貨を購入することができる時代になりました。
しかもデビットカードやプリペイドカードにも幅広く対応しているため、カードの不正使用に対する心配事も少ないと考えられます。
しかしzaifの場合は特殊でビットコインはもちろんの事、モナコインやNEMもカードで購入することができます。
ビットフライヤーの場合はビットコインのみですから、仮想通貨に幅広い関心を持っている人には嬉しいようなサービスと言えます。
ビットコインは一番人気があるため取引量はトップに君臨しますが、実はモナコインもすさまじい勢いで需要を高めています。
モナコインは日本発祥の通貨であり、2チャンネルによって作り出されました。
よって日本人の間で一番人気があるのですが、少し前まではモナコインはこれ以上価格が高騰しないであろうと予想されていました。
しかしここ数か月の間で需要が高まり、価格も数倍に高騰しています。
よって日本を超えて流通量が増えるようなきっかけがあれば、ビットコインのように世界中に勢力を拡大していく可能性も否定できません。
モナコインをカードで好きなタイミングで購入できる便利性の面から言うと、今後はビットフライヤーを超えるほどにまで人気が出てくると思われます。

zaifでは積立投資もある

次に積立投資に着目してみます。
一般的に仮想通貨は国や金融機関に属さないため、銀行のように積立投資をすることができません。
しかしzaifは例外的にコイン積立が可能な取引所であるため、少し金融機関に近い存在であると言われています。
実は初心者でも安全にコイン積立を行うことで、リスクが少ない資産運用をすることができます。
一番有名なのはドル=コスト平均法という投資手段を利用することで、レートが暴落した時でも大損を背負うリスクが減少しやすいです。
その理由は価格が低い時に多く額を買って、上昇した時に少量の額を購入するというパターンを数か月間繰り返すことによって、平均購入価格の標準化を保つことが可能になります。
ビットコインなどは価格変動率が非常に高く、一日に10%以上の変動を更新することもよく見受けられます。よって円やドルのように通貨がまだ安定していないため、それなりにリスクも大きいのです。
投資は安全性に超すことはないという考えは当然のことで、コイン積立手段は非常に人気があります。
つまり初心者でも安全に取引を行えるというメリットがあることから、今後はさらに登録者が増加すると予想されます。

zaifでは円とビットコインが基軸通貨です。

また仮想通貨同士の売買も可能です。
多くの取引所はさまざまな通貨に対応していても、仮想通貨で仮想通貨を購入できるような取引所は少ないです。
しかしzaifはビットコインでモナコインを購入することも可能なため、このような場合はMONA/BTCと表記されます。
他にもビットコインでイーサリアムを購入するETH/BTCの取引手段も選択できます。
もちろん日本円でビットコインを購入するBTC/YENが一般的ですが、このスタイルの取引は今後は少なくなると推定されます。
それはビットコインがこの2017年の間で百倍くらい価格が暴騰したため、少量のビットコインでも多くの円を必要とするような規模までになりました。
ビットコインは将来は世界の基軸通貨であるアメリカドルを追い越すであろうという意見も出ているため、日本円よりも流通量が増すと予想されます。
現在は日本円で買うことが困難なくらいにまでの価格になっているため、数年後はもはや投資手段として使えないかもしれません。
しかし同じバブルを催している仮想通貨同士の取引では十分取引が期待できるうえに、為替レートの暴騰暴落のリスクも今後は少なくなると思われます。
このようにzaifは取り扱い通貨が多く安全な資産運用ができるため、登録することで初心者にとっては多くのメリットがあります。
また仮想通貨同士の売買を行えることから、仮想通貨を日本円で購入するというスタイルも刻々と変化していく可能性があるでしょう。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ